旅に病んで翁も見上げた時雨かな    緑川行燈

                            令和5年11月12日

 

誰しもが未練を残し紅葉散る      令和5年11月25日

 

あと少し命を灯し冬田道        令和5年11月28日

 

艱難に研ぎ澄まされて冬の星      令和5年11月30日

 

 

因果ごと受け入れきつて浮寝鳥     緑川行燈

                          令和5年12月1日

 

冬の川春の川まで冬の川        令和5年12月8日

 

70の晩学楽し冬籠               令和5年12月20日

 

笑顔から寝顔の娘クリスマス            令和5年12月25日

 

除夜の鐘煩悩具足の我のまゝ          令和5年12月31日

 

 

春着の子楊貴妃の如舞ひにけり     緑川行燈

                          令和6年1月2日

 

三回忌あの日のままに寒の雨         令和6年1月10日

 

凍鶴や我逆境に暮らしをり         令和6年1月23日

 

寒月や死に近づけば美しく         令和6年1月26日

 

戦場の人の命や寒椿             令和6年1月31日

 

 

立春の気配確かにあちこちに       緑川行燈

                           令和6年2月4日

 

白梅や白装束の花ならん           令和6年2月10日

 

雨音も心地良くなり雨水の日         令和6年2月19日

 

紅梅や心にぽつと灯を灯す         令和6年2月25日

 

娘への父の眼差し木の芽雨          令和6年2月28日     

 

 

「終活俳句」を始めてみませんか

弊社のご紹介している「終活俳句」とは、終活に関する内容を俳句にすることではなく、終活の一環として、シニアの方が人生の後半・晩年に、新しい趣味として、俳句の勉強を始めることです。「終活俳句」は、人生の最晩年をより豊かな穏やかな時間に導く、終活・趣味の1つだと考えています。

 

俳句は自由です。紙と鉛筆があれば出来ます。遠くに出かけなくても、身近の自然や季節のこと、日々のちょっとした出来事や過去という宝物を詠めます。体が不自由になっても、伴侶に先立たれて一人になっても、人生の最後まで、俳句は皆さんと共にあります。認知症予防にもいいそうですよ。

 

古語や旧仮名遣いや文法や類想類句や結社や入選や上手・下手など考えずに、自分の為だけに、「70の手習い・80の手習い・90の手習い・100の手習い」で、俳句と共にある生活・人生を始めてみませんか。

 

弊社では、全くの素人の方でも、郵便で気軽に参加できる「奥の菊道」俳句会を行っています。俳句を始めるきっかけにしてみてください。

okunokikumichi.com